おかむの米中ゆる株投資〜アクシーはじめました〜

米国株S&P500ETFと中国株テック投資を中心にゆるくおべんきょう。めざせ1億!

2021年4月に書き始めて8月現在で全投稿たった13のはてなブログが申請から21時間でGoogleアドセンスに一発合格できた話【014】

この記事を初めて書いているのは2021年8月25日です。

はてなブログアドセンス一発合格

さて、当ブログがGoogleアドセンスに合格しました。

f:id:okamu2034:20210825135659p:plain

アドセンス合格メール内の画像

 本当にとくべつなことはいっさいやってません。最低限の基本的なことだけをやってからまずはためしに申請してみようと思ったらなんと一発で合格できました。

 

私はアドセンス申請は初めてです。以前にブログを書いていた経験はありますが、広告設定をした経験は一度もありません。

 

ブログを開設したのは2021年4月で申請時点の総投稿記事数はたったの13。(この記事で14投稿目)

 

恥ずかしながらお世辞にも他人さまに読ませられるような質の記事はまだありません(今も)。いずれリライトをしようと思ってまずはネタを書きためていた程度のレベルでしかありません。SEOを意識したような書き方もまったくしていませんでした。

 

PVは圧倒的に少なく月に100以下で、というか間違いなく閲覧者はほぼ自分だけという状態です。

 

以下、少しでもお困りの方のお役に立てればと思い記録しておきます。

▽スペック

 

ブログ開設 2021年4月

申請時の全投稿記事 13

申請日時 2021年8月22日 19:40

合格メール到着 2021年8月23日 16:36

 

はてなブログPRO

独自ドメイン 2021年4月新規取得(お名前.com)→安かった .workドメインにしました 

開設からの総アクセス数 220

PV/月 100以下※2021年8月のアクセス数が99

 

f:id:okamu2034:20210825134021j:image

▽設定したこと 

 

Googleアナリティクス設定

 

・お問い合わせフォーム設置

 

・プライバシーポリシー設置

 

▽設定していないもの

 

Googleサーチコンソール

 

アドセンス申請時は完全に未設定の状態でした、合格後にこの記事を書いている最中に気づき設定を進めています、おそらくこの記事閲覧時には更新されている状態

 

・その他私が知らない対策のすべて

 

▽これがよかったのでは?と思うこと

 

・アナリティクスの設置をブログ開設と同時に(2021年4月)すぐに行っていたこと

 

・記事は自分のことばで日記レベルのようにかきなぐっていた、ですます調は少ない

 

→きれいな完成したお手本記事のような書き方は一切なくフォーマットや定型ととられにくかった??

 

▽その他雑感

 

・記事の内容はただの自分の備忘録や学んだことのメモのレベル

 

・50記事くらいいったらリライトしようと思っていた

 

・文章のコピペ的なことは一切なし、自分のことばで書きたいよう書いた、というかほぼメモにちかい

 

▽自分なりの推測まとめ

 

2021年8月時点のGoogleの合格基準が何なのかは自分にはほとんどわかりません。

 

しかし私なりに考えた合格の要素は以下の2つです。(あくまで私のケースであり再現性は保証はできません)

 

・基本的事項をおさえた上で(※ここ重要→上記のプライバシーポリシー設置など)、あふれている定型文やフォーマットなどはまったく気にしないで、「自分のことば」で文章を書いたこと

 

・金融系投資系の個人ブログメディアであったこと

 

→広告出稿の数も多く高単価だから好まれやすいのでは?実際に投資信託の商品名などを多く記載していました(例: e maxis slim など)

 

対策要素の非常に少ない当ブログが合格できたことで、現時点でのGoogleの重視する判断基準が何であるか、皆様の選定の少しでも助けになれば幸いです。

 

 

 

アクシーインフィニティーはじめました-1日目〜4日目のまとめ-【013】

 

4日目までのまとめでした。金融とテクノロジーの近接によりデジタルディバイドが一層加速していくことになる。テックには常に敏感でありたい。まずさわってみることをこれからも続けていこう。

 

 

【読書】「勝つ投資 負けない投資」片山晃・小松原周【012】

五月さんの著書より学んだ点をメモ。

 

・EPSの成長を重視


・投資でもっとも大切なことは変化と想像力

 

・投資力の源泉は疑問をもつこと


・決算資料を読み込んで業績の変化に着目し「なぜこうした変化が起こったのだろう?」と疑問を持ち、考えを尽くす

 

・アイデアを多数持つことで塩漬けを回避する

 

・ 目論見が外れたらポジションを外す、銘柄への拘りは誰にでもあるもの、適切に切るためには代替案を多く持っていることが重要

 

・信じることは疑うことをやめること、信念は大切だが盲目してはいけない、常に疑いより良い選択肢を探し続けること、疑わないことは大損へのカウントダウン

 

・投資には「信念」と「忍耐」が絶対的に必要

 

以上

 

絶対的な解はなく常に考え続けて自分の中の答えを出していくことが大切ということ。根拠をもってブレずに。ただし決断を疑い続けて向上を目指し続けること。

 

 

 

じっちゃまに学ぶ「良い決算とは」【011】

結論:良い決算とは

 

「コンセンサス予想を上回る決算」である

 

コンセンサス予想とは

 

各証券会社のアナリストが出した予想数値の平均

 

コンセンサス予想よりも実際の決算が上であれば良い決算。下であれば悪い決算。

 

株価には先見性があり将来の材料はすべて株価には織り込まれているという前提。=合理的市場仮説

 

EPS 1株当たり当期純利益

売上高

ガイダンス 企業が出す今後の利益予想

 

これらが3拍子そろってコンセンサス予想を上回るのが良い決算。

 

 

 

 

 

 

 

じっちゃまに学ぶ「①営業キャッシュフローのよい会社を買え」【010】

今思うこと

とにかく勉強だということ。あまりにも知らないことが多すぎる。今の時代は良い情報が無料で入手できる環境がある。取捨選択するスキルがもっとも大切。確度を上げるためにはやはり学ぶことに尽きる。周りのみなさんをみならって自分もコツコツと学んでいく。

 

実践は続けながら少しずつ情報量の差を埋めていきたい。

 

じっちゃまに学ぶ

①営業キャッシュフローのよい会社を買え

 

この原則に忠実に銘柄を探していく。

 

・毎年着実に増えていることがのぞましい

→四半期毎ではない

 

・営業キャッシュフロー(Total Cash Flow from Operating Activities)は純利益(Net Income)より大きくなければいけない

→営業キャッシュフローより純利益のほうが大きくなってしまっている会社は無理矢理利益を計上しているリスクがあるので避けるべき

 

・営業キャッシュフローマージンが15〜35%ある会社を狙う

→営業キャッシュフローを売上高で割った数字

 

・純利益、営業キャッシュフロー、売上高をチェックせよ

 

→上記の条件が整う銘柄に投資すること、それが着実にキャッシュをかせいでいる会社である、なんでもかんでも長期投資ならよいのではない

 

コツコツ学び続ける。

NISA口座で米国ETFを買った【009】

買った銘柄と取得単価と株数

VTI 211.51USD × 1株 

 

VYM 106.07USD × 1株

 

SPYD 40.99USD × 11株

 

HDV 98.31USD × 1株

 

そして、NISA枠のあまりで

 

AT&T 29.52USD × 1株

 

以上を二週間ほど前に購入した。

 

目的は米国株および米国ETFを学ぶことであって、現時点での収益は期待していない。

 

今後本格的な投資と積立を開始するつもり。

 

マネックス証券で米国株取引をはじめるまでのあれこれ【008】

いざ開始しようとしたのが4月下旬でいまだに取引しておらず・・・

 

今週末くらいからちょこちょこと米国ETFを買う予定です。

 

手続きを進めてわかったことをメモ。

 

為替手数料無料

 

これはありがたいですね。ただしキャンペーン中のためいつ終了するかは未定です。

 

NISA口座では円貨決済ができない

 

ここでひっかかりました。為替手数料かからないなら米ドルをわざわざ買うだけ無駄だなと思っていたら、購入画面で何度もエラーになってしまいました。

外国株口座への入金がされていてもNISA口座では円貨決済はできない仕組みのようです。

 

私は試してませんが特定口座などその他の口座ならば円貨決済ができると思います。

 

NISA口座での取引は手順が面倒

 

証券総合口座へ入金

外国株口座へ振替

外国株口座で米ドル購入

NISA米国株口座へ資金割り当て

 

ここまで完了してはじめて購入が可能になります。

 

証券総合口座への入金は即時決済がされてよいですが、それ以下の手順はすべて営業日ごとに完了を待たずには次には進めませんでした。というわけでとても時間がかかることがわかりました。

 

せっかく為替手数料が無料なのになんだかもったいないような気がします・・・できるだけスムーズに買えるとよいのですが。

 

それでもやってみたらなんとか手順がわかってきました。

これからはようやく米国株ETFを買っていきます。